知らなかったポリ袋の豆知識いろいろ

今の時代、スーパーなどで当たり前に見かけるようになったポリ袋。耐久性と費用対効果の高さから、高度経済成長期に急速に普及しました。また食品衛生においても大きく貢献しており、包装などにも広く使われ、パンがスーパーに並ぶことになったのもこのおかげだといわれている。
今回はそんな私たちにとって身近な存在であるポリ袋について、ビニール袋との違い、形状と種類、またサイズの選び方などについて、役に立つ知識をご紹介します。

ポリ袋とビニール袋の違いとは

ポリ袋とビニール袋の違いとは 一般的にはポリ袋とビニール袋は、同じ意味として使われることが多い。しかし厳密にいえば両者は似て全く異なるものです。では一体何が違うのでしょうか。
大きく違うのは素材です。ビニール袋とは正しくいえば塩化ビニールのことで、よく傘や、農作物を育てるビニールハウスに使われています。これに対しポリ袋はポリエチレンやポリプロピレン製です。これらの大きな違いとして、ビニール袋は焼却時に温暖化ガスを発生させてしまいます。しかし、ポリ袋は有害な物質を発生させることはなく、とてもエコな素材だといえます。
例えばよくスーパーなどで使われるレジ袋などは、ビニール袋と呼ばれることがよくあります。しかし実際はそのほとんどがポリエチレンフィルムが使用されています。つまり、ポリ袋と呼ぶのが正しいのです。ビニール袋の方が歴史が長い為、今でもビニール袋と呼ぶことが多いというのが通説です。

ポリ袋とビニール袋と同じ意味で使われている

ポリ袋とビニール袋と同じ意味で使われている ポリ袋をビニール袋と呼ぶことも多く厳密に区別なく同じ呼び方をしていることは、実に多いものですが、どうしてビニール袋と呼ばれる方が多くなっているのでしょうか。
実際に、塩化ビニール樹脂のフィルムで出来ているものがビニール袋、ポリエチレンやポリプロピレンで出来ているものがポリ袋です。現在では、ほとんどがポリで出来ているものになって来ているので、実際には、ビニール袋の方が少ないのにそう呼ばれる頻度が高いのは、先に開発されていて歴史が長く人々に定着しているからだと言えます。そのため、同じようにポリ袋であってもビニール袋と呼ぶ方がなじみ深くなって来ています。
同じ意味で使われているのですが、実際には原料も異なり目的は異なって製造されています。ここ数年で、ポリ袋の災害時での利用、調理を効率化させる方法などが注目されて来たために、名称がクローズアップされていますが、かつてはビニール袋と呼ぶのが普通であり当然のように区別なく使われていました。
このように、近年になり注目を浴びてから、使い分けをしているという人も見られるようになって来ましたが、あまりこだわりを持たずにビニール袋と呼ぶ人も根強くいるのは、確かです。

おすすめポリ袋関連リンク

小ロットから注文できる、サイズやデザインが豊富なポリ袋のサイト

ポリ袋